おはようはじめまして

 

いいタイミングであなたはきてくれた

 

ぼくは谷へおとされたライオン

 

谷へおとしたのは父ライオンです

 

おとされたりゆうはわかります

 

ぼくがおおきくなっても

 

えさをとりにいかないから

 

おとされたんだとおもう

 

ぐるーぷにひつようないのだろう

 

だからぼくはおとされておもったさ

 

ここでくらそうって

 

だけどそれはむりだった

 

だってえさがとれないんだもん

 

おなかがへっちゃったよ

 

ぼくはきいたことがある

 

となりの幼馴染ライオンは

 

谷へおとされたとき

 

みかねた父ライオンがたすけにきてくれたらしい

 

だからぼくもたすけてもらえるとおもったんだ

 

けど、いつまでたったも

 

父ライオンはぼくをたすけてくれない

 

おなかがぺこぺこなのに

 

ぺこぺこだよーっていっても

 

がんばれーしかいってくれない

 

ぼくは父ライオンがきらいになったよ

 

ひとばんたって

 

おなかぺこぺこで

 

おなかへったってぼそっとつぶやいたんだ

 

そしたら

 

がんばれーってきこえたんだ

 

ぼくは父ライオンがだいすきになった

 

どこかできいたことがある

 

さかなをあげるんじゃない

さかなのとりかたをおしえてあげるんだって

 

父ライオンはぼくにがんばりかたをおしえてくれてたんだ

 

ってきづいた

 

父ライオンはずっとぼくのそばにいてくれたんだ

 

よし、がんばるぞ

 

そんなときにきみとであった

 

かんちがいしないで

 

ぼくはのぼらされるんじゃない

いまはすっごくこのたにをのぼりたいんだ

 

だから、きみもそんなきもちになるまで

 

まっててもだいじょうぶ

 

父ライオンにがんばれっていってもらわなくてもだいじょうぶ

 

つぎはぼくががんばれーっていうよ

 

だからきみはきみのままでいいんだよ